ストーンヘッズの麻薬な歴史
ひとくちメモ
 HARDが見出されなかった天才だとするならば、完成された変態なのがストーンヘッズである。

   

 そして、作品の方向性としては、HARDがビートルズをモチーフにした会社で、
 ストーンヘッズは、ローリングストーンズをモチーフにした会社である。
 どちらも対極、だが作られるゲームはこうも違うと考えさせられる。
 現在のストーンヘッズは、会社の方向性が著しく正しい方向に狂ってしまったが、
 ここでは過去のよき時代を振り返りながら独り言をつぶやきたいと思う。

  

 また、おま毛ディスクについては、
 危ない.イケない.危険な.縮れたとおま毛が続いてはいるが、あやよさんが
 出てくるのは最初の二つだけなので割愛。

SEEK 〜地下室の牝奴隷達〜
 
   定価 8800円
  
 PC98版 1995/3/31
 WIN95版 1996/8/30
・元祖SM調教AVG。
 クリアーまでの達成感と描写の丁寧さが秀逸である。

ひとくちメモ
       時代は90年代に差し掛かる頃、一人のバンドくずれがアイデスの門をくぐった。    卒業写真.夢二.DEMON CITY.たまご料理.JYB等の作品を手がけた彼は      電撃ナースでブレイクし、社内を先導するにまで成長を遂げる。      しかし、彼は大のSM好きで、初めて付き合った女の子に亀甲縛りを依頼するようなS属性の強い  SM大好き青年だったので、常にどエロな作品を作りたいと求め続けていた。    が、
         レッドゾーンならともかく、  清純派路線のカクテルソフトでそんな暴挙が許されるはずも無く、田所青年は  社長に愚痴をこぼしながら葛藤の日々を過ごしていた。           やがて時は満ち、電撃ナースを大ヒットさせクリエイターとしての地位  を確立した彼は手にした大金を手に 自社ブランド設立という形で夢を作る。           そして、チャンスとばかりにたまご料理で一緒になったSMスキーのCOMA氏らを  引き連れ、アイデスに糞食らえと挨拶して飛び出した  己の夢を実現させるための、大きな一歩である。             ここにはオレの作りたいゲームは無い、オレの求めるゲームこそ ここ にある。
そして青年は童貞を捨て、大人になった。
   
ひとくちメモ2

 とまあ、そんなに簡単に行くわけないのが世の中である。
 実際の所F&Cから独立する形で、田所氏はストーンヘッズを立ち上げた。

      HARDもほんのり関わりのある

 株式会社ヘッドルーム協力の元
 少ない軍資金を片手にひと山当てるための血の滲むような努力をし、地位を築いた。
 実際の所、アイデスから独立して大成功を収めたのはエロゲーの社長では蛭田昌人氏ぐらい
 なものなので、そういった意味でもかなりの成功者といえよう。

     安月給で有名なアイデス 

 にしては、そこそこの知名度を誇っていた事もあり他社さんとの交流
 も広かったことも成功の要因である。

 また、社員が独立する際に退社時の対応如何によっては妨害に合うものなのだが、彼の
 場合は退社後も外注で仕事を続けるなど前社との関係も良好であった。
 それもまた、成功の秘訣である。
 
 あと、実際に自社ブランドを立ち上げよう、というなら。

 ・アパート等でメーカー登録可能な場所
 ・お金200万円ぐらい
 ・数点の企画書と途中まで出来たゲームのプロトタイプ版。
 ・数名のスタッフ
 ・臨時の会計士等の法的処理をしてくれる人。
 ・出来ればコネ

 があれば、

  1.流通に企画書やら菓子折りを持ってお邪魔する。
  2.ソフ倫の推薦書を書いてもらって、宣伝先の広告代理店を紹介してもらう。
  3.モノによっては店舗に挨拶
  4.広告を打ち出す
  5.ゲーム製作

 といった流れで、ゲーム会社は作れるので、オレこそが新生HARDだぜって方は

 
   長岡のお兄ちゃんを口説いてHARD社を作って下さい。

 ただし、館長は同人だけでもう精一杯。。。。OTL。

      
  イけない南君販売中ー!   一応、若妻調教ゲームを完成しました(爆)です 「宣伝」   ちなみに、似たようなキャラが出てきますが、オリジナルです。
 立ち上げるぜって方へ  業種は違えど、女の子を無理やり脱がして裸の写真を売り裁く水商売なわけですから。  逮捕と倒産の危機に怯えながらやるのは、かなりの苦労だと思います。  捕まらない程度にガンバ。
 
  ・そのに 売れに売れまくったSEEK

top