ウルフガイと電子書籍先駆者の軌跡


 
 漫画版ウルフガイ
 定価 555円

  
 ・二度目の少年ウルフの漫画版。現代風にアレンジされたシナリオと青鹿の姿に心を奪われた。後にコンビニコミックスも発売される。



□最終章 残された幻魔大戦の世界へ
 一仕事を終えた平井氏の元へ、漫画版ではあるが幻魔大戦のアニメ化の話が飛び込んできた。
 放映されたアニメに大きな反響はなかったものの、これまで止まっていた「幻魔大戦」の言霊に、平井氏は心を動かされる。

  中古アニメDVD幻魔大戦 神話前夜の章 2 [通常版]

 そうして仕上がったのが、2005年に電子書籍限定で発売された「幻魔大戦DEEP」だった。

 

 ストーリーこそ、並行世界と付けられてはいるものの、待ち焦がれた
「東丈」の登場にファンは驚き、歓喜の声を上げていく。
 これは「幻魔大戦とは別物」と言う批判もあった、完結編と呼ぶには違うと呼ばれる事も多かったが、次から次へと刊行されていく波に乗り、全8巻で一度区切りを迎える。

 

 更に、21世紀8マンと題されたBLUEシリーズも話題を呼び、ルーツとして参加した続編の「8マン インフィニティ」も好評を博した。
 自費出版ではあるものの、BLUE HIGHWAYSを書籍版として発売し、

  中古B6コミック8マン インフィニティ(3) / 鷹氏隆之

 少年ウルフガイの二度目のコミック版は、ヤングチャンピオンで長期連載され、新たなるファンも獲得していく。

 そして、平井氏は最後のペンを取った。
 長かったライフワーク、
幻魔大戦の完結編として、三巻セットのハードカバー書籍「幻魔大戦DEEPトルテック」を書き上げていく。

 

 自費出版という形、セットで二万円という巨額の金額。
 これまでとは視点を変えた、新たなる幻魔の舞台で、時を経た物語は完結する。
 ウルフガイの要素も加え、意外にも明るい未来を思い描いた形で本書は結びを閉じる。
 そして、二大作品を完結させた言霊使いは、惜しまれつつ鬼籍に入った。

  ・
  ・
 2018年、主の居ない電子の世界に作品は舞い戻り、ついに17年ぶりのウルフガイ書籍版が早川書房から刊行された。

  中古ライトノベル(文庫)狼の紋章 (新版) / 平井和正

 出版不況が続く中で、全作品発売されるとは限らない、もしかしたらこの波は止まってしまうのかもしれない。
 でも、作家平井和正は、電子書籍という言霊使いを始めて操った男だ。

 誰もが楽しむkindleやPDFの原点に降り立ったのは、企業でもなければ発明家でもない。
 ただ、紙の上で文章を綴った作家
「平井和正」によって、今日も電子書籍の波は続いていく。
2018年12月5日 ProjectRepadars



 ご感想やご意見があれば下記まで送って頂ければ幸いです。
 ・読み物についての感想スレッド
 http://jbbs.shitaraba.net/otaku/843/k

back

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com にじよめ - 二元美少女専門ブラウザゲーム&ソーシャルゲーム
Copyright ©ProjectRepadars All Rights