山田ミネコと最終戦争伝説な歴史

 
 定価 380円

   
 発行 1988/08/01
打ち切りと休刊を乗り越えて、最終戦争伝説は秋田書店に還ってきた。

第10章「還ってきた最終戦争伝説」

 2誌連続打ち切り&最終戦争シリーズ壊滅&読者からの矢のような催促。
 という暗黒回廊に立たされ、ストレス性の胃炎と湿疹と仕事逃避行に囲われたミネコは、自我系の暗黒めぐる銀河の魚とスカイダイビングな日々を過ごした。

  中古コミック 自我系の暗黒めぐる銀河の魚/ 山田ミネコ

 目を閉じれば浮かんでくるのは前年の悪夢で、ファンレターを開けば 「風の尖塔売ってないんですけど」ハリケーンで、それはもう癒してくれる同人誌や便せんに熱意を向けて連載の力を貯めるしかない。

   
   中古同人誌 島田ひろかず内輪本 りてーくCRAFTぐらふぃてぃ / P.P.P.INDEX

 そんな苦労の連続を続けながらも、ふふふの闇の人気は加速し、その影響か秋田書店は最終戦争シリーズを一つに纏める事を決意。
 最初は出しやすいものという順番で製作されたため、作中の歴史としては揃ってはいないものの、わかりにくかった最終戦争シリーズがナンバーリング され初の連作物として再収録。しかも、描き下ろしエピソード追加という嬉しい要素も入った。

   当初の掲載時を思いだし、読者の感動も一押し

 ふふふの闇読者も入りやすいようにと、比較的少女向けの最終戦争伝説が全話収録され、さらに嬉しい事に新作も隔月ながら連載が決まった。
 真砂流をあっさり殺したため、昔からの読者の批判も受けたが、さほど問題は起こらずに新規読者は増え続けた。

  中古ライトノベル 第二次幻魔大戦 ハルマゲドン 人類復興(1)/ 平井和正

 忘れたい記憶の徳間書店から、ハルマゲドンという追撃も加わり、妖怪物ではあるが大陸書房より新たな新連載も決まり、まさかの小説家デビューまでも持ちかけられ、ミネコは40代にして作家と漫画家との二足の草鞋を踏む。

    中古ムック ハルマゲドン~最終戦争~ 山田ミネコ

 新雑誌での小説連載も決まり、初のイラスト集まで作られ、最終戦争伝説第2期は始動。キャベツ畑に佇むミネコは、聖母のような瞳で最終戦争伝説の結末を描くべく、ペンにワープロにマッキントッシュをフル稼働させ、創作活動に情熱を傾けた。

    上記と表紙だけ異なるワイド版も有る。

 休刊が何だ! 原稿料が出ない描き下ろしが何だ!
 かつてのスランプや胃腸炎が嘘のように情熱を燃やし、漫画家兼作家「山田ミネコ」の新たな世界 が始まろうとしていた・・・はずだった。


  第11章「連載打ち切り、そして入院と手術へ」


top