エルフソフト陥落の歴史

  
 定価 6800円
 DE・JA
 PC88版 1989/12/15
蛭田氏の本領発揮、世紀の名作が始まった。

第四章 王者となったエルフと阿比留氏の困惑


 ドラゴンナイトで一躍有名になった好実昭博氏とこれまでエルフを支えてきた阿比留氏。
 が、表向きのメイン原画はあくまでも阿比留氏であるために紙面やインタビューでも話題になるのは
 彼であり好実氏は影に隠れた。

   

  彼は可愛い女の子が描けない、得意なものと言えば男キャラぐらいなものでドラゴンナイトのような
  魅力のある女の子はどうしても書けなかった。

  そして元々続編を作る予定はなかったのに、ユーザーからの要望があまりにも多いため急遽杉本
  たかみ氏を起用し、ドラゴンナイト2の制作告知を打つ。

   

 言いようのない怒りに燃えたのはメイン原画だったはずの阿比留氏。
 分かっていたはずだ、悪いのは全部自分であり単なる逆恨みでしかない。

 いいじゃないか、男キャラでもモンスターでも書けるだけ書いてやる。

 そう思いきれるほど彼は大人でもなく、まだ30歳手前の経験の少ない原画師だ。
 ドラゴンナイトのヒットに舞い上がり有頂天になっていてもおかしくはない。


      中古PC98 DEJA(デジャ)

     二人の争いを抑えるべき社長の蛭田氏は、
     会社が安定したから自分の好きなものを書こうとDEJAの制作に向かう。


        中古PC98 FOXY

     小さな火種を持ったままの阿比留氏は、
     何とか可愛い女の子を描こうと必死の思いでFOXYの制作に向かった。
 

 そんな中、一躍時の人となったドラゴンナイトの製作者を追うべく徳間書店は動いた。

  

 天才クリエイター集団エルフとユーザーは英雄視するようになり、ファンの数は増えていく。
 ファンブックの次に来ると言えば、雑誌の取材にCDドラマ化

   中古CD ドラゴンナイト〜水の宝玉篇〜
 
 ヒロインに水谷優子起用という、18禁ゲームでは有りえないようなキャスティング。
 まるで芸能人のような扱いを受けた初期メンバー三人は、ドラゴンナイトの生みの親として持てはやされた。

   

 そして発売されたドラゴンナイト2は、表紙にまでタイトルが起用され大々的にカラーページで特集された。

  

 もちろん、FOXYやDEJAにRAY-GUNも発売されたがドラゴンナイト2のブームはエルフの想定外の売り上げを見せる。
 総数は10万本とも20万本とも言われ、美少女ゲームユーザーのみならず一般のユーザーも熱狂的にエルフを
 称えた。

  が、好実昭博氏と阿比留氏にしてみればはっきり言って面白くない。


  

   自分が作ったものの功績を認められない好実氏、
   あんなに頑張ったFOXYを評価してもらいたい阿比留氏、

   二人の思惑とは対照的に、エルフファンクラブを立ち上げて子会社を作り
   有限会社エルフ通販部を設立した蛭田氏。

   彼らを見守る中立の立場の金尾氏。


     

 四人の苦悩を抱える中、一つのビデオが発売される。
 コンパニオンの女の子がエルフ社内をインタビューすると言うだけのビデオ。
 何という事もない、開発秘話を聞かせるだけのよくあるTV番組のような企画物の一本。

 しかし、これは阿比留氏にとって非常に苦痛な事だった。
 ユーザーはドラゴンナイトの続編を待ち望んでいる、描いている姿を見せて開発の秘話などを語って欲しい。

  

 でも自分はモンスターや男キャラくらいしか描いていないし、思い入れもない。
 むしろドラゴンナイトが嫌いであり、見たくもない記憶だ。

 阿比留氏は男キャラを描いている姿を見せ、それから好きなキャラは居ないことを素直に告げた。
 
  

 そしてファンブックを見たユーザーはエルフに入りたいと思うようになり、求人の応募は溢れるばかりに
 舞い込んでいく。


      

 現れたのは、元マッドハウス所属のアニメーター竹井正樹。
 ゲームの原画とは次元の違う高度な技術が施された原画、美少女業界の革命の申し子の登場だった。




  ・そのご、西のアリスソフトVS東のエルフ


top