壊れていったHARD社


・PC88版.PC98版. MSX版. X68版と、多大にあやよを作り続けたハードな人々は
     中古PC-9801はっちゃけあやよさん

 あやよ発売直後に作られた、トリコロジーやベロンチョ身体検査までもがPC88版.PC98版. MSX版. X68版が発売するという異様な事態を起こし始めた。
 しかしユーザーも、

  「こんな
紙芝居 に、3800円も出せるかいっ!」

 とゆう、ごもっともな事実に気づき始め、コピーディスクが乱作され始める。

  「続編はどこに行った?」


 ベロンチョは、コンプティーク上で美少女ソフトウェア
タイトル部門賞 をドラゴンナイトと並んで獲得するなどの活躍を見せ、続編としてベロンチョ温泉旅行も計画されるが、同時に大量生産されたトリコロジーは

     「さっぱり売れなかった」

 続編を作ろうにも資産が無い、在庫を大量に抱えたHARDは第一期財政難に陥った。
 金銭的に厳しくなったHARDは、起死回生にと作ったウォーターフロントアドベンチャーを3800円という赤字上等の低価格で発売したが

  「さほど売れない」   

 困りに困ったHARDは旧作の続編に頼り、美少女写真館の続編アウトサイドストーリーを計画するも注目されずに、死に物狂いの勢いで頼みの綱
あやよさん に頼った。
 そして出来たあやよさん2は、そこそこ売れた…………がしかし、PC88版.PC98版. MSX版. X68版と乱発して作り続け、調子に乗って88と98では絵柄が変わるという変化をつけて、前作の二の舞ともいえる在庫の過剰と負債を抱える結果に終わる。


         やばい、このままでは
倒産 だっ!

    「我侭ないくみぴょん」

 と、そこそこ売れたデビュー作ソープランドストーリーの2を出すが、泣かずの飛ばずの88版のみで消え、次に作られた、花のあすか組の戦23をぱくったスケバン戦国史は、OPにアニメまで入れたのにもっと売れない98版で消滅という悲しい事態を招く。
 そもそも市場にスケバンは出回ったのだろうか、問屋には
在庫過剰 で返品されまくっていたかと思う。
 最終的にどこも引き取ってくれないので、通信販売として在庫を抱えたのだが通販を利用して
まで スケバンを買いに来てくれる奇特な方は、いなかった。

    「売れない戦.23」  

 花のあすか組を見ていた人は面白かったかもしれないが、ゲームとしてはソープの方が格段に評価され、そして売れなかった。
 そう、倒産寸前二回目の彼らに残されたのは「沢島綾代さん」だけ。
 やがてHARDな人々は、再びあやよさんの力を借りることになった………。

 参考に、当時のHARD人気を物語るものを紹介、
    
   テクノポリス美少女選手権であやよさんは24位でした。

  追記 脅威の三部作トリロジー

ハード社がぶっ壊れた原因にもなったトリロジー 無駄に長いシリーズ構成、やたらに動くアニメーション。  あの名作の尊辺氏の あのアニメが蘇りさらに戯遊群のキャラデザとあったら買うしかないですぜ奥さん!!  と、無意味に真っ白な裏パッケージに書かれた過激なあおり文。     まさかの三部作構成構想! 期待されるメディア展開! これなら売れるぜオレは社長だ!    HARD社始まって以来の特厚上質紙で作られた12ページに渡るマニュアルには        贅を極めたストーリー構想家系図と、社長に対する恨み言の数々と、     続編はHARD社ではなく同人で作りますからHARD社なんて要りません  という意思が顕著なまでに溢れている。    「これはひどい」  マニュアルにびっしりと書かれた恨み言には   社長の素人っぷりに対する苛立ちや未払い金に関するぶっちゃけが満載で、  その後の彼らはHARD社から姿を消し、ついでに社長も姿を消し    口説き方教えますと美少女写真館のHARD社二大看板のソフトは廃盤となり。  看板ソフトの続編は永遠に作られることは無くなった。


  ・そのさん、起死回生のHARDへ


top