そのなな 最後に残された子供たち

ラストチャイルド
  
   定価 8500円 
  
 WIN版  1998/07/17
・最後のPIL缶を使われたラスト作品。
 高密度に作られたゲーム性、個人的には最高傑作である
 
ひとくちメモ
 芸術性の高い地獄SEEKは操作性の不便さとSEEK2ではない  関係から評価されず、ワゴンセールの中へと投げ込まれていく。      原画集に小説、ちょっとした展開はあったが       SADISTIC MEDICINEやRevolverに至っては、フライングシャイン製作なのもあって  散々な出来栄えを見せた。  唯一、ラストチャイルドはM男向けのゲームとして温かく迎えられた  個人的には、広末批判とBGMが最高であった。     かつての勢いはどこに行く風である。      そんな鬱憤を晴らすために作られたのが、こちらの作品。        メイドさんがあゆみちゃん物語。  はっきりいってパクったわけであるが、この作品がPILにとっての売り上げをしてくれる。         どこかで見たことのあるシチュエーション。        でもこれは、メイドさんだから!     そうそう、なんかアングルも似ているけど屋上でお弁当を食べて         あと、休みの日は遊園地の観覧車でエッチなことを。        でもこれは、メイドさんだから!        お尻を叩いたり、変なものを入れたりもしたよな       でもこれは、メイドさんだから!     主題歌の電波加減も評価され、メイドさんは大いに盛り上がった。  版元のアリスソフトをして、ここまでやられるとむしろ清清しいとの一言で片付けられたのである。    しかし、       メイドさん物語の陰に隠れて、思わぬ伏兵が神馬を繰り返していたことを田所青年は気がつかなかった。



  ・そのはち 回転して吹っ飛んだ永遠


top