-エルフ追悼式典in八丁堀のアフターレポート準備編-


    


2016年3月末日をもって株式会社エルフの公式サイトが閉鎖となり、8月にはDL販売の名義はエルフからDMMゲームス(エルフ)へと名を変えました。
正式な解散や撤退は告知されてはいませんが、ファン同士が何もお別れを言えない状況は寂しすぎるものです。

しかし、どこかで呼びかけて別れや思いを語り合おうにも当時は300以上あったエルフのファンサイトもほぼ閉鎖状態で、ましてや当サークルは
"エルフに負け続けていた「ハード社」のファンサイト"

でした。

何をするかも思いつかない中、アリスソフトファンサイトを運営されているHAZUKI氏が「落ち着いたらエルフ会をやりましょうよ」と声をかけて下さり「ハード社&アリスソフト」という二大組織ファンサイトによる"あやよさんとアリスちゃん"のエルフお見送り会が動き出しました。

 

恐らく今後会社として別れの場を作る事は望めないだろうエルフブランドとの別れの場を作り、最後に盛大に盛り上げてエルフと言う一大企業の華を飾りたい。
元エルフ関係者の前田先生まで引っ張り出し、勝手に名づけられたエルフ追悼式典は「ハード社のファンサイト」である当サークルのサイトで告知されました。
 

 大丈夫、何をやっても"ハード社だから"の一言で吹っ切れた私たちは、

    気が付けば"伊頭鬼作さん部長昇進記念タオル"を制作していました。


大手サークルでもなければ、ソフトハウスの関係者でもない。
企業がやれない、他の会社も口に出せない、閉ざされたエルフとの別れを「ただエルフのゲームを面白いと思っただけの男たち」の勝手な一日のために動き出しました。



→ 当日編へ続きます。
back