モーニング娘。6期最強伝説の歴史
  
  定価 ¥1050
 
 One・Two・Three
 通常版 2012/07/04
 初回盤/DVD付属盤/SP版
 あの日、6期メンバーで思い描いた夢は10年目にして現実のものになった

第15章 カラフル期到来、8代目リーダー道重さゆみ

 10期加入を見守ってからの卒業となった、最後の5期メンバー新垣のラストシングル
「恋愛ハンター」がリリースされた。
 目立った報道は無い物のドリームモーニング娘とのコラボや前章のブラックバラエティーでの披露、ヒルナンデスの紹介にアメスタ特番。

   
 9期の鈴木がニコ生でビデオ出演した事がきっかけで、
「むすめん。」というカバーユニットも起動し、ニコニコ動画との交流も始まった。
 既に活動を続けていた新宿二丁目カバーユニット「二丁ハロ」もこれをきっかけに注目されるようになり、華々しくとは言えなかったものの短い期間の新垣リーダーの時代は確実に成果を出した。

      中古生写真 新垣里沙・生田衣梨奈
 そして5月、加入時からコネ垣と呼ばれ、コンサートでは罵倒され不買運動等も起こる波乱万丈なアイドル生活を送った新垣の卒業は、後輩である9期メンバー生田の愛情に包まれた。
 舞台リボーンでジャンヌ役を演じた新垣に惚れた生田は、何故かメンバーにして新垣里沙単推しオタとなり、生写真を買い漁り、毎日のようにメール攻撃をするほどの
新垣オタっぷりを見せた。



 生田は新垣から「ファンクラブ会長」という愛称を貰い、そしてイメージカラーだった黄緑色を継承する。
 寂しく終わるはずの卒業式は後輩の生田の愛情に包まれ、
最後の5期メンバーは満面の笑顔と共に舞台を降りた。

   中古生写真 モーニング娘。/光井愛佳
 しかし、6期と9期を繋げるはずの光井の足は良くならず、卒業グッズもあまり作られないまま急遽新垣と共に卒業となった。

   
 5期が託したバトンを受け取った道重に告げられたのは、
11期メンバーの募集告知
 12歳で入った道重も、もう22歳。段々と10代の頃の様に身体の自由が利かなくなってきた年齢で、
入ったばかりの9期にバトンを渡せるように育てなくてはならない。
 本来なら久住に託した後、光井に任せるはずの卒業と加入は完全に崩れた。


覚醒する6期メンバー田中れいな

 リボーンのベベ役が評価された田中は、大槻ケンヂ原作のステーシーズ主演を任された。
 前作とは違う、大人の俳優と一緒に歌って踊るミュージカル。筋肉少女帯の「再殺部隊」以外はほぼ全曲描き下ろし、
メンバーがゾンビとなり歌って踊って狂って行くという非常に難しい役どころ。
   中古文庫ステーシーズ 少女再殺全談 / 大槻ケンヂ

 ヴァンプをテーマにした「TRUMP」で既に話題になっていた「末満健一」の演出も光り、モーニング娘の枠を超えた舞台
に注目は集まった。



 完全に大人をターゲットにした劇に9期10期の扱いにくいメンバー8人を、田中一人で纏め上げなくてはいけない。
 仲良しだった
光井の卒業も知らされた田中は、2人と一緒に卒業するとつんくに訴えるほどに追い詰められる。

 中古パンフレット ステーシーズ 少女再殺歌劇

 彼女を変えたのは10期の新メンバー
「佐藤優樹」
 5歳まで英語で育ち月曜~土曜まで全てお稽古。という超英才教育で育てられたにも拘わらず佐藤は非常に物覚えが悪く、ついでに日本語も不自由。



 特殊な環境で育ち過ぎた佐藤は、最も田中の手を焼かせるメンバーとなり、ステーシーズは
公演ギリギリまで田中の激が飛び続けた。
 しかし、純粋な心を持った佐藤は叱咤の中での田中の真意に触れ、メンバーといつまでも打ち解けずに孤独で包まれていた彼女のガラスのハートを打ち砕いた。

    中古生写真 モーニング娘。/田中れいな

   「この人は本当に自分を心配してくれる、とても優しいお姉さん」

 佐藤は「たなさたん」と先輩を呼び始め、田中もそれを喜んで受け入れ佐藤を思い切り可愛がる。元々弟思いだった田中の母性は一気に開花し、反発しあっていたはずのメンバーと抱き合い、打ち解け、満面の笑顔で笑い合った。

  
 モーニング娘に加入して10年、高橋愛が思い描いたアットホームなモーニング娘が佐藤の手で生まれ、新しい世界が広がっていく。
 田中のあまりの変化にプロデューサつんくも、スタッフも驚き、そして大いに喜んだ。


 □モーニング娘。マネージャーツイートより抜粋
 「今日、佐藤が田中に「えいっ」って頭突きした。田中は笑っていた、歴史は変わったのだと悟る」

 生まれ変わった田中とメンバーにより演じられた舞台ステーシーズは、原作者大槻ケンヂから「これを書いて良かった」と絶賛され公演後のイベントでは田中との歌唱も披露、書き下ろしの楽曲は大槻の人生を変えた曲の中に収められた。
 
  

 孤独なアイドルと言われた田中はもういない、一流のアーティストとして気持ちを改めた田中れいなは新リーダー道重を全力で支える柱となる。
 6期が主力となるまでの10年間は長すぎた、久住や光井の居ない
9期がリーダーを担うまでに何としてもモーニング娘を立て直さなくてはならなかった。


  第16章 新時代のEDM路線と開かれた世界


top