マイナー昭和ドールズ広告


 
 1981年~1988年頃
 ドール刻印 Korea
バンダイレミーorバンダイが製造、発売時期によって前期と後期の二種類で顔立ちが違う。

チャーミーツイン「夢ピカアンナ」

 マイナードールの代表格、今は合併した当時のバンダイが作り出したギミックが非常に豊富なチャーミーツイン。

 人形の足にはマグネットが搭載しており、連動したおもちゃは磁力の反発により扉が開いたり明かりが付いたりする。
 のぞみには髪が伸びるギミック等もあり、大人気にはならなかったもののポスト「リカちゃん」の近くまで上り詰めた。
 今でも人気は高く、特に憧れの人「クリスティン」やホンダストリームとコラボした「ルンルンスクーター」等はヤフオクでも高騰し続けている。

 この中の「ユーちゃん」が手に入らないと嘆く方が多く、更にそもそも人形単体ではなく「かわいいあかちゃん」というパーツ入りのパッケージで発売されたため検索で見つけにくい。

  
 人形以外の「メイクセット」「ウィッグ」等のアイテムバージョンが非常に多かったため、マイナードールコレクターは今日も熾烈な入札を繰り返す。
 貴重な「主題歌レコード」や「ファンクラブ会員証」を持っている方は、是非ともお友達になって欲しいものである。


おしゃれなレディー「スイートノンノ」  
  
 1982年~1984年頃
 ドール刻印
 takaraJapan
13㎝の小型な妖精。非常に壊れやすいので滅多に出てこないが我が家には三体くらい転がってる(謎)

ひとくちメモ

 後述のセーラに遅れたタカラが作り出したコンパクトドールの傑作。
 カセットシリーズと名付けられたブックサイズに人形を収め、広げればお部屋が出来上がる仕組み。
  
 大変可愛らしく、人気も高いのだがカセットに収める際に人形を挟んでしまい壊れたり、カセットに収める部品が細かかったりと無くしたりが続いていたため生産数も少なく、オークションには二年に一度出品されれば良い方だったりするが当然欲しがる方も多いのでまず瞬殺に終わる。


タカラ版「バービー」
 
 見るからに都会的でオシャレなバービーだった頃の今は名前を変えさせられた少女。
 名前変更の詳しい経緯は長くなるのでこちらまで。

  ・夢見るバービーがジェニーに改名した経緯



マイナー昭和ドールズ広告2ページへ