あとがき「青春だった月姫という現象」




 宝箱のように閉まっていた段ボールの中から、20年前に購入したゲームを取り出していく。
 当時を知るモノならば、ほとんどが持っていた三枚のディスク

 これを買うのに苦労したな、たくさん並んで色々な絵や話を書いたりして、ネットやイベントで知り合った仲間と語り合っていたな…。
 思い出は尽きないが、20年という月日は人との別れの時間には長すぎて、当時を語り合った友とはすれ違い。今では友人に会う事でさえ、こんな情勢では許されない時代となった。

 月姫 -A piece of blue glass moon- [通常版]

 懐かしい色の箱を開いて、13年間待ち続けていた作品を手に取る。
 コロナ過で抽選で何とか手に入れたゲーム機の電源を入れ、音量調整に戸惑いながら起動のボタンを押した。

 そこには、20年前の時間を共有したアイツ等が待っていて、何だか読むだけで気恥ずかしくなる文章と、初めて見る新キャラと、少し変わり映えした吸血鬼が画面に映し出された。

 あぁ、こんな感じだったなとか、ここは新しくなっているなとか、続きはまだかなとか思ったりして、最後まで遊び終え、宝箱の段ボールの中に三枚のディスクと一緒に入れて蓋をする。

 20年間という時間で、別れた人やもう決して会えない人。新しく巡り合った人や、嫌な思い出と楽しかったことと、そんな記憶が去来し、電源を落として画面が真っ黒になったゲーム機を引き出しに収める。










 2005年に、はっちゃけあやよさんから始まった物語は、月姫で終わりを告げた。
 駆け抜けた時間は全て幻のように消え、遠くどこかへと飛び立つ。

 青春時代を共にした20年前の友がリメイク版を楽しんでくれている事を願いつつ、いつかは再びめぐり逢い、アイツたちの話を語り合える未来の話を夢見て、16年間続いた美少女ゲームの歴史に幕が閉じられる。
 これまでの長年のご愛顧に、感謝を。
 2021年9月26日 ProjectRepadars

制作支援募集中!



 記事を読んでナイス!と思いましたら、
 美少女ソフトハウスHARD様の応援とCienをお待ちしております!

復刻版はっちゃけあやよさん

ようこそシネマハウスへ公式ガイドブック
boothグッズ通販
ProjectRepadarsのCienページ


back



同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
Copyright ©ProjectRepadars All Rights R18/JapanOnly