エルフソフト陥落の歴史

  
 定価 6800円
 ぴんきぃぽんきぃ
 PC88版 1989/07/13
エルフを救った出世作品、後の同級生の原点である。

第二章 さよならアイデス三人寄れば文殊の知恵

  三人の男たちは清々しいまでに当時売れていた某作品をパクったゲームの制作をアイデスの開発現場で行った。

       某社とは無関係なんです関係者の皆さん信じてください。
 
     中古 PC88ドキドキシャッターチャンス

 ジャケットからしてオマージュ感満載で、内容は箸にも棒にもかからないスカスカのクソゲー満載で、
 そりゃあもう表に出せないから神棚に飾られたこのソフトをエルフカタログで


      

  ジャケットは紛失しましたと明記するまでの黒歴史ソフトとなった。

 もちろん売り上げは言うまでもなく、別売りディスク等という無駄な足枷を作ったのでさらに言うまでもなく、
 三人で頑張って売り上げ36万円なんてどうしようとかそんな次元ではなく、
 千本も売れないとか笑うしかない出来事であり、

    

 でももう某社から脱獄したわけであるからして今更リップスティックアドベンチャー2もう一回書き直して
 いいですかねーなんて言えるはずもなく、

    

 酔った勢いでエルフという社名を適当に決めて1989年某日、エルフソフトは6畳間のアパートで設立された。 
 合言葉はゲーム作りに命削ってます
 部屋には首吊り用のロープを設置し、知人も含めて6人体制での製作開始となった。

    中古PC98 プライベートスクール

 二発目、女子寮潜入ものというチャンピオンソフトの匂いがするジャンルに挑戦するも惨敗。
 エロシーンまで慶子ちゃんの秘密に大変よく似た作品だった。

    中古PC88 エンジェルハーツ

 三発目、続いてはRPG物だけど探偵というよくわからないジャンルに挑戦。
 しかし操作性も良くなくストーリーも今一で何より女の子が可愛くなかった。
 そしてエロシーンがさっぱりであり、売上もさっぱりで
 阿比留氏本人も痛いくらいに判っていた事だが、彼のイラストは抜ける絵柄ではなかった。

 そこで三人の男たちは、一か月で出せば売れるような気がするソフトガンガン作ろうぜ
 路線を辞め、連作スタイルを決める事にした。
 すなわち、チャンピオンソフトのゼータのような連載物である。

    

 そして発売されたのが恋愛ゲームの元祖「ぴんきぃぽんきぃ」
 ナンパものというジャンルは既にあったが、これには恋愛の要素が収められており何より女の子が可愛かった。

     

 エロシーンとしてはなんだこりゃ?程度の物だが、女の子たちの心理なども丁寧に書かれており、当時としても
 画期的な作品で飛ぶように売れた。個人的には2がお勧めである。

   今でも普通に遊べる名作


 売れて開発資金が溜まったとなれば、今度は自分の思うが儘にゲームを開発する事が出来る。
 蛭田氏はかつて自分が大好きだったウィザードリィーのようなゲームを作りたいと誓う。
 この形式のゲームはそれ以後作られてはおらず、また作れるだけの自信もあった。

 そして阿比留氏は彼の思い描く世界観を書くためにイメージイラストをFAXする。

    

 この一枚の紙から始まったゲーム構想で、パソコンゲーム業界の歴史は大きく変わっていった。




  ・そのさん、クリエイター集団エルフと好実昭博氏の登場


top