エルフソフト陥落の歴史

  
 定価 6800円
 SHANGRLIA
 PC98版 1991/08/28
当時は珍しかった縦スクロールが話題になった

第五章 東のエルフVS西のアリス


   

 FoxyにDEJAはどちらも成功をおさめ、続くRAY-GUNもまずまずの売り上げを保った。
 世間はドラゴンナイト一色で次々と美少女ゲーム雑誌は創刊されていき、時代はエルフの天下となった。
 要望に応えるべく続編の制作に向かい、続いては大作ドラゴンナイト3の登場である。
 そして舞い降りたのが、まさかのNECアベニューによるドラゴンナイトコンシュマー移植計画。
 乗りに乗ったエルフは新たにもう一つの代表作を作り出そうと開発に励んだ。

 だが他社も負けてはいなかった。

      

 ドラゴンナイトのライバルと言われたアリスソフトのランスも負けずに続編の2を発売。
 年末の闘神都市もまずまずの売り上げを見せて二番手にのし上がる。
 しかし、パソコン革命は彼らだけの争いをそうは許してくれない。


  

 そして1990年12月、IBMはDOS/Vと呼ばれる国内初の日本語表示オペレーションシステムを発売する。
 今でこそ電源を付ければソフトを選択できる画面になる便利な世の中だが、当時のPCは初心者が
 操作するには大変難しく、マウス一つで簡単に動かせるようなシステムに出来てはいなかった。
 また、ほとんどのコマンドが英語で表現されていた為、日本語に馴染んだ若者にとってパソコンは遠い存在だ。

 DOSは、パソコンの中身を整理して簡単に取り出せるようにできる便利な箱。
 OSが入っていないPCがリコーダーしか入らないケースだとするならば、DOSはオーケストラの一団が
 全員収まるケースである。

  

 そして、翌年にマイクロソフト版のMS-DOS 5.0が発売され、日本のパソコン文化は一気に加速した。
 まだWINDOWSこそ広まってはいなかったものの、

   「日本語で操作可能、起動すればすぐにソフトが動く」


 この便利さは何よりも初心者パソコンユーザーを増やし続けた。
 そして時代は8色から16色、256色。そして400ラインへと進化していく。

 操作が簡単になるという事は開発も簡単になるという事であり、エルフの真似をして金を稼ごうとする会社も
 数多く表れた。

 もちろん負けずと老舗ソフトハウスも動き出す。

    

  美少女ゲームの基礎を築いたジャストは天使たちの午後III 番外編を発売。
  翌年には天使たちの午後IV ゆう子と続いていく。

    

  古巣のキララ、いやアイデスはX指定という過激ブランドを打ち立てて
  翌年は当時人気だった遊人原作の校内写生を発表し


   

  某社もあやよさん3 私、逝っちゃったんです。で過激に応戦した。


  

  が、この時点では完全にスチャラカ三銃士の独走で市場はエルフが完全に制圧していた。
  企画とシナリオさえ決まってしまえば、後は原画は何とでもなる。
  とにかく蛭田氏はシナリオを描くスピードが驚異的に早く、小粋の聞いたジョーク満載のむふふスケベ
  なストーリーにユーザーは魅了されていく。


   

  窮地に立たされていたのが、プログラマー兼シナリオの金尾氏だ。
  完全に目覚めてしまった蛭田節の独走には付いていけず、金尾氏は段々とシナリオに口を出さなくなる。
  ゲームとしては面白い物が作れるが、三人の均衡で保たれていた世界は壊れ始めていった。




  ・そのろく、沙織事件とエルフ設立コンビの解消


top