月姫と美少女ゲーム史




商業作「Fate/stay night」の掲載第一号。
武内氏の描きおろし表紙と猫アルクが眩しい。
マブラブの体験版や月姫の壁紙も収録されるなど、ファンとしても嬉しい一冊。

雑誌によっては、サーバントを「使い魔」などと表現していたのが記憶に新しい。
「ColorfulPUREGIRL」ゲーム雑誌CD付)Colorful PUREGIRL 2002年9月号
ゲーム・PC系テレホンカード「Fate/stay night/月姫」


最終章「商業化するTYPE-MOON」


 そして、2003年4月。全作を収録したメモリアル作品「月箱」の販売を持って、同人サークルとしてのTYPE-MOONの解散が惜しまれつつ表明された。

下敷き月姫 とらのあな月姫メモリアルフェア2003

 委託店舗からはお別れとお祝いのイベントが開催され、特性紙袋を付属したコミックレヴォリューション33では、歓声と拍手で「月箱」の完売がお祝いされる。

同人ソフト 月箱(特製化粧箱入) / TYPE-MOON

 過去の特集記事が追加され、公式サイトは更新を停止し新たなる商業サイトTYPE-MOONは起動。
 初の公式コミック「真月譚 月姫」の連載開始にテレビアニメの放映。

 順風満帆の先行きだったが「商業化しても通用しない」「月姫だけのサークル」等の批判は続き、商業作第一作の「Fate/stay night」が告知されるも、こんなものが美少女ゲームとして売れるはずもない。という反対意見が多くなっていく。




 2500円だから売れていたはずのゲームソフトを、8800円にして売る。
 それも、元は同人サークルで商業作としては第一作目。

 そんな圧力や批判にも屈せず、TYPE-MOONは新しく雇われた超絶敏腕スナイパー「処刑広報」による大規模な予約特典戦略を打ち立てた。
 その数50店舗以上。一部店舗では予約特典の描きおろしも告知され、「Fate/stay night」制作で多忙の武内氏は宣伝イラストや表紙と進めていき、世間の反発をよそにFateの予約は埋まっていく。

  

   

 

 一番人気は描きおろしのソフマップだったらしいが、当時のファンでさえ特典を全種制覇出来た者はいないと噂されるほどの、膨大な数の予約特典。
 限定の冊子通称"アレ本"の付属する公式通販の予約が開始すると、サーバーが追い付かなくなるくらいの購入希望者が殺到した。

 男性向一般同人誌 Fate/side side materiale / TYPE-MOON

 そして、"アレ本"を予約出来なかった人々はヤフオクで超高額となってしまった冊子を追い求め、設定資料集付きの初回限定版は入荷が追い付かないくらいに売れて売れて売れて売れて売れまくった。

 WindowsCDソフト Fate/stay night[初回限定版]

「Fate/stay night」を新規で購入すると、人気がありすぎて買った金額で買い取って貰えるという不思議な現象が巻き起こる。
 店頭価格7800円前後が中古価格は12800円という、遊びたくても遊べない。買いたくても初回版が手に入らないという、何とも言えない循環を巻き起こして、さらに通常版もリリースされると売り上げは加速。



 発売から二か月後、波入る強豪ソフトハウスを押しのけて、TYPE-MOONは美少女ゲーム業界の頂点に君臨。
 ゲーム業界全体の売り上げランキングにさえ、成人向け作品でありながら見事にチャートインを飾った。

   

 概算でもその売り上げは10万本を超え、elfのとっても気さくな「鬼作」さんやアリスソフトの「大悪司」といった大作に、一年目の新人はあっさり並んでしまい、同時期発売の新作「大番長」はその首位をあっさり譲る事となった。

 その人気は発売から十数年経っても衰えず、コンシュマー化・テレビアニメ化・映画化と続き、スマートフォンアプリに進出すると、新築でアインツベルン城が建てられるくらいの世界規模の売り上げを打ち立てた。
 月姫のリメイクは告知されるもFateの高すぎる壁故に実現はせず、ユーザー達は当時「痕」の続編を待ち続けるような気持ちで待たされ続けた。

 そして、最初の告知から13年後となる2021年。
 半月板という形ではあるが、美少女ゲーム業界の黒船「月姫」は私たちの前に戻ってきた。

 月姫 -A piece of blue glass moon- [初回限定版]

 長い時を経て、還ってきた"月姫"という現象。
 当時のゲーム業界を大きく揺れ動かした本作は、解散が続く美少女ゲーム業界に何をもたらすのか。


月姫~半月版~[完全版割引券付き] / TYPE-MOON

 2000年に317本だけ作られた半月板は、2021年には24万人もの人の手に届けられた。
 これから起こる完全版への道のりには、どんな未来が待ち望むのか。
 時代を作った「月姫」の再開。令和という新しい世代がプレイする、吸血鬼の躍進に人々がどんな呪文をかけられるのかは、魔法使いだけが知っているのかもしれない。



参考文献・引用元




WEB


TYPE-MOON関連作品紹介  ・TYPE-MOON企画ページ
二次創作に関してのお知らせ


竹箒日記


 ・月姫チャット座談会ログ ・B46氏インタビュー記事
カトゆー家断絶



アリスソフト公式サイト
Leaf公式サイト

ゲームいろいろ情報考察コーナー
まんだらけ同人館コラム
INSIDEニュース記事

著作/文献出展


TYPE-MOON全作品
月姫 -A piece of blue glass moon-
MELTY BLOOD: TYPE LUMINA
真月譚 月姫
TYPE-MOONコミックエース

書籍関連

TYPE-MOONの軌跡
・Fate/stay night-15年の軌跡-
・TYPE-MOON 10th Anniversary Phantasm
・TYPE-MOON 応援本


TYPE-MOONエースVOL1~VOL13
・TYPE-MOON EXTRA BOOK他

1998年号~2004年号
・月刊メガストア ・テックジャイアン
・Colorful PUREGIRL ・イーログイン
・BUGBUG ・コンプティーク他

広告素材

・Dlsite
・駿河屋アフィリエイト
・DMMアフィリエイト

(敬称略/順不同)
next ・あとがき「青春だった月姫という現象」
月姫-A piece of blue glass moon- THEME SONG E.P.(初回生産限定盤A)

back



同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
Copyright ©ProjectRepadars All Rights R18/JapanOnly